『Daily Mail』は「セビージャの元フランス代表MFサミル・ナスリは、ペップ・グアルディオラ監督が夜中のセックスを禁止したことを明かした」と報じた。

マンチェスター・シティで長くプレーしてきたものの、今夏ペップ・グアルディオラ新監督に「太りすぎ」と指摘され、トレーニングから追放されたナスリ。最終的にはセビージャへのレンタル移籍を決断し、スペインで鮮烈な活躍を見せている。

彼は『L'Equipe』に対して以下のように話し、グアルディオラは夜のセックスを禁止するという手法を使っていたことを明らかにした。

サミル・ナスリ

(グアルディオラの指導について)

「性的な関係については、夜になる前にやらなければならない。次の日が休みであってもね。それは、良い眠りをするために必要なものだ。

グアルディオラは僕に言った。それは彼がリオネル・メッシやロベルト・レヴァンドフスキを管理したベストな形だったと。そして、それらは筋肉系の怪我を最大限に防ぐものだと。

また、彼は台所にある多くのものを制限したんだ」

「彼は誰かを虐めることはないが、成長させるためにあらゆることをする。どのような立場にあるのか、どのようにプレーするのかを理解させようとする。彼はうるさい人だよ」