今週行われたUEFAヨーロッパリーグの第5節。ローマのディエゴ・ぺロッティが決めた超絶的なラボーナシュートが、オウンゴールと判定されまぼろしとなってしまう珍事もあった。

ただ、今節ではこれ以外にもスーペルゴラッソが実に多かった。『ESPN』が選んだ5節のゴールトップ10を見れば、納得のはず!

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

全部すごい!

ぺロッティのラボーナで霞んでしまったが、ローマFWエディン・ジェコもヴィクトリア・プルゼニ戦でハットトリックの大暴れ。特にクライフターンを駆使したゴールは圧巻だったのだが、本人的にも会心のプレーだったようだ。

エディン・ジェコ(ローマFW)

「あれは本当にいいゴールだった。僕の左足もね。

これまでのキャリアで最高(のゴール)かは分からない、覚えていないからね。でもそうかもね」