今月20日(火)に横浜アリーナで行われるJリーグアウォーズ。

今シーズンのJリーグで活躍した選手や監督、審判の功績を称える場であり、今年は1万人のサポーターが招待される。

そんな今年のアウォーズに関して、Jリーグは6人の外国籍選手の欠席を発表している。

該当選手と受賞内容は以下の通り。

・ズラタン・リュビヤンキッチ(浦和レッズ)
YBCルヴァンカップ優勝クラブ

・ブランコ・イリッチ(浦和レッズ)
YBCルヴァンカップ優勝クラブ

・クリスティアーノ(柏レイソル)
2016 Jリーグ優秀選手賞

・レオ・シルバ(アルビレックス新潟)
2016 Jリーグ優秀選手賞

・ペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)
2016 Jリーグ優秀選手賞

・キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)
2016 Jリーグ優秀選手賞

欠席の理由はいずれも「家族の事情」。

しかし、受賞対象チームの選手や個人表彰の受賞者は、出席するのが基本のはず。それでも、Jリーグアウォーズでは欠席する外国籍選手が少なくないのだ。

もちろんオフシーズンということで、母国に帰りたがるという選手が多いのも事実だろう。しかし、そうした事情の背景には他のことも関係しているようだ。

かつて、ジェイ・ボスロイドはこのようにツイートしていた。

昨年のアウォーズ前、ボイスロイドはこのように呟いた。

内容は「12月21日に日本にいるのは、どんな外国籍選手なんだい? 私たちはクリスマスの時期、家族と一緒にいるんだ。 まずい構造だと思うよ」というものだ。

「私たちはクリスマスの時期、家族と一緒にいるんだ」という一文が、彼らの心情を代弁している。日本でもクリスマスは特別な季節だが、海外ではそれ以上の意味を持っているのだ。

もちろん、Jリーグアウォーズがクリスマス前の開催になるのは、クラブワールドカップの影響である。モロッコ開催だった2013年や2014年はJリーグ終了直後であったし、クラブワールドカップがUAEで行われる来年以降は再びそうした日程となるだろう。

とはいえ、やはりJリーグが終了してから2週間後に行われるというのは、ちょっぴり問題があると言えるかもしれない。