レアル・マドリーと鹿島アントラーズが激突したクラブワールドカップ2016決勝。セルヒオ・ラモスに対する判定が物議を醸している。

2-2のタイスコアだった89分、ラモスが金崎夢生を倒したシーン。ザンビア人のジャニー・シカズ主審はポケットからカードを取り出そうとしていたが、なぜかそれを止めてしまったのだ。

ラモスはすでにイエローカードを1枚受けており、この場面で退場になっていてもおかしくなかった。試合の行方を左右するようなジャッジだったが、ラモス本人のコメントを『Marca』が伝えている。

セルヒオ・ラモス(レアル・マドリーDF)

「1枚目は貰うようなものじゃなかったと思った。

でも、2回目については、レフェリーが僕の味方になってくれたので、自分の運によって(事態が?)ちょっと変わってハッピーだったね。

手強い相手との難しい試合だった。

僕らは苦しめられた。インテンシティを強く発揮して、巡ってきたチャンスをものにしなければならなかった。

さらなるタイトルを勝ち取って今年を終えることができて、とても誇りに思う。トロフィーをまた加えることができたのはいいことさ」

また、同紙では記事の見出しにおいて、「ラモス、『レッドカードについて?自分の運を試したのさ』」とも伝えている。

やはり本人も退場にならずに済んでラッキーだったと感じていたようだ。