ニースFWマリオ・バロテッリは、年内最終戦となるボルドー戦で一発レッドカードで退場となってしまった。

相手DFイゴール・レフチュクを蹴りつけるような形になったその場面を、リーグアン公式動画で見てみる(動画2:04~)。

それほど激しいものではなかったが、ボールではなく足に行っていたのは確か。

それでもニースMFヴァンサン・コジエロは「審判はバロテッリをもうちょっと守ることができたはず」と擁護する姿勢を見せていたようだ。