『Daily Mail』は、「ウガンダのアルバート湖でボートが転覆し、サッカーチームの選手とファン30名が死亡した」と報じた。

記事によれば事件が発生したのは日曜日。クリスマスを記念する試合に向けて、チームとそのファンを交えたパーティの最中だった。船には45名が乗っていたという。

しかし多くの人々が酒に酔って船の片側に座り、過積載状態だったこともあって転覆してしまったとのこと。

警察は地元の漁師の助けを借りながら救助活動を行い、15名を救出したものの、残りの30名が命を落としたと考えられている。

ウガンダでは金曜日にヴィクトリア湖で船舶の転覆事故があり、20名が死亡する悲劇となっている。アルバート湖では昨年11月にも10名が死亡する事故があった。