『Gazzetta dello Sport』は、「ユヴェントスとマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、夏に関係を終わらせる可能性がある」と報じた。

アントニオ・コンテ氏の突然の退任を受けて、急遽その後を継ぐ事になったマッシミリアーノ・アッレグリ監督。

難しい状況の中でチームの崩壊を避けることに成功し、豊かな戦力にも助けられながら、セリエA連覇を成し遂げた。

しかしながら、現在クラブと彼との間にはいくつかの要因によって緊張感が高まっているというのだ。

  1. スーペルコッパでの敗戦に対して、アッレグリ監督が怒りを見せていたこと
  2. 監督と一部の選手の間に幾つか意見の相違があること
  3. アッレグリ監督にアーセナルとの関係が噂されていること

これらを受けて、クラブは1月のマーケットとチャンピオンズリーグでの結果を見て、アッレグリ監督を来季も留任させるかどうかを決めるという。

もし解任される場合は、パウロ・ソウザ(フィオレンティーナ)、エウセビオ・ディ・フランチェスコ(サッスオーロ)、レオナルド・ジャルディン(モナコ)らが後任の候補になるとのことだ。