『FCInter1908』は、「ユヴェントスのジェネラルマネージャーを務めているジュゼッペ・マロッタ氏は、インテルには成長モデルがないと語った」と報じた。

昨年夏に中国の巨大コングロマリットである蘇寧グループによって買収されたインテルは、今季大きな投資に見合わない成績となっている。

開幕前にマンチーニ氏を解任して迎えたフランク・デ・ブール監督はすでに解任されており、ステファノ・ピオリ新指揮官の下でなんとか7位まで浮上してきた。

中国について聞かれたジュゼッペ・マロッタ氏は以下のように話し、インテルには成長モデルがないため投資がうまく行っていないと指摘した。

ジュゼッペ・マロッタ

「中国のサッカーは現実的な脅威になっている。彼らのオファーは、引退が近づいた特定の選手だけに来るものではない。ヨーロッパのチームに対抗している」

(インテルも中国の資本になっているが)

「彼らはどんどん投資を進めている。しかし、重要なのは成長のモデルを作ることなのだ。

ユヴェントスはそれを備えている。スポーツ面でも、経営の面でも。

『お金を使えば勝てる』などという方程式は存在せず、しばしば期待は裏切られるのだ。

我々はモデルを持って勝利をしている。そして、それはお金よりも頼りになるものなのだ」