オスカルやカルロス・テベスなど、世界的スターが続々と活躍の場を移している中国1部超級リーグ。

その後もチェルシーMFジョン・オビ・ミケルの移籍が濃厚と言われているが、新たに中国行きを決めた選手がいる。

その選手は、ハンガリー代表DFリハールド・グズミチだ。

クズミチは1987年4月16日生まれの29歳。

U-19~U-21ハンガリー代表経験を持ち、2012年11月の親善試合でA代表デビュー。長身ながらスピードのあるセンターバックで、昨夏に行われたEURO2016でも32km/hという最高スピードをマークした。

そんなクズミチはハンガリー代表として22試合の出場経験があり、EURO2016でも全4試合に出場。ベスト16でベルギーに敗れ敗退となったが、チームのグループステージ突破に貢献している。

クズミチは2014年からポーランド1部ヴィスワ・クラクフでプレーしていたが、このほど延辺富徳への移籍が決定したという。

延辺富徳は2015シーズンまで2部の甲級リーグに在籍していたが、昨年1部に復帰。復帰初年度を9位で終え、来季も超級リーグでプレーすることが決定している。