『FIFA.com』は、マンチェスター・ユナイテッドの監督を務めるジョゼ・モウリーニョ氏のインタビューを掲載した。

FIFA議会においてサッカーの問題を議論するシンクタンクの一員でもあるジョゼ・モウリーニョ。昨年5月に行われた会合においてはワールドカップの拡大案も検討されていた。

モウリーニョはこの問題について以下のように話し、48チームを16グループに分けるというシステムを支持していることを明らかにした。

ジョゼ・モウリーニョ

(ワールドカップの拡大計画について)

「私は完全に好意的である。もし拡大が試合数の増加、休暇の減少に繋がるのならば、クラブのマネージャーとして『NO』と言うだろう。

しかし、批判を分析すること、拡大が試合数の増加を意味しないことを理解するのは重要だ。

選手たちは保護されており、クラブも守られている。私は3チームごとの16グループにすることを好んでいる。

この方法は、2試合が決定的なものになる。決勝トーナメント一回戦はさらに情熱的なものになる。

能力で劣るチームは2試合で大会を終えるが、それは彼らにとって成長の機会となり、経験を積むことができる。それは経済的な利益ももたらす。サッカーのインフラを整えるための投資も引き込める。

ワールドカップの拡大は、さらに大きな社会的イベントになることを意味する。より多くの国々で、インフラにさらなる投資が行われる。ユースの育成に対してね。

サッカーはクラブで開発されているものであるからして、ワールドカップがそのスポーツの質を高めることは期待できない。

ワールドカップは社会的なイベントであり、ファンの情熱を促進するチャンスを手放す訳にはいかないのだ」

(ビデオ・アシスタント・レフェリー技術については?)

「我々は皆これを必要としている。この革命を拒否したがために、タイトルや勝利を失うことがあってはならない。

スポンサーやオーナーたち、そして投資家はこのテクノロジーの存在を感じなければならない。また、レフェリーは特にそれを必要としているし、守られるに値する存在だ。彼らは助けを必要としている」