京都サンガへの加入が決定した田中マルクス闘莉王。

2010年を最後にJ1から離れている京都にとって、元日本代表DFの補強はきっと変化をもたらすはずだ。

闘莉王は公式サイトの中で「京都サンガF.C.がJ1に昇格するため、全身全霊、自分の持てる力全てをかけて闘っていきます。ファン、サポーターの皆さま、熱いご声援をよろしくお願いいたします」と語り、早くも意気込みを口にしている。

そんな闘莉王の移籍について、所属元であった名古屋グランパスも公式サイトでリリースを発表。

しかし、そのなかには気になる箇所があった。該当ページを見てみると…

普通はあるはずの「コメント」が用意されていなかったのだ。

闘莉王の契約は昨シーズン限りであり、コメントなしはある意味で当然のようにも感じられる。それでも、名古屋にとって闘莉王は2010年のリーグ優勝を経験したレジェンドだ。

昨年は一度退団しながらもチームを救うべく復帰しており、そうした存在の旅立ちに「コメントなし」というのはなんだかいろいろと勘ぐってしまう感じだ。