サガン鳥栖MF鎌田大地。

2016シーズンにブレイクした若手選手の一人で、リオ五輪に向けたU-23日本代表の候補にも選ばれた。

そんな鎌田が「うっかりミス」で大事なイベントを欠席したようだ。

9日(月)、鎌田がInstagramに投稿した内容は以下の通り。

鎌田は1996年8月5日生まれの20歳で、晴れて新成人となった。そこで成人式に出席するはずだったのだが…なんと開催日を勘違いしてしまったという。

鎌田は愛媛県出身で、中学生になってからは関西で過ごした。

そのため愛媛と大阪の開催日時を混同してしまい、出席するはずだった岸和田市の成人式を勘違いしてしまったそう…。

「成人の日」は1月の第2月曜日と定められているが、地域によっては違う日に成人式を行う地域もある。故郷がいくつもある人にとっては「あるある」かもしれない。

この件について鎌田は #一生の後悔 と綴りながらも、 #まぁええか #そんなこともある とポジティブなハッシュタグをつけている。

みんな成人式出てるなか凡ミスにより予定変えれず韓国っす。 辛いもん食うしかねーやん。 写真撮りたかったな笑
サガン鳥栖24 鎌田大地さん(@kamadadaichi)が投稿した写真 -

その後鎌田は韓国へ出発。

この写真を見た同じく新成人の鹿島FW鈴木優磨は、「全然誘わんやん」とコメント。すると鎌田は「昨日成人式出てたしそんな充実させるわけにはいかへんわお前のシーズンオフを」と返信している。

成人式を楽しんだ鈴木のことが、よほど羨ましかったらしい。