昨シーズンを持って現役から引退した元日本代表FW高松大樹。

FC東京へのレンタルを除いて、大分トリニータ一筋でプレーした35歳の元ストライカーがこのほど驚きの表明を行った。

自らのオフィシャルブログで「地域への恩返し」と題したコメントを配信。

「私、高松大樹はこの度、大分市議会議員選挙に立候補することを決意しました。」などと綴ったのだ。

現役からの引退を決意した後、自分にできることを考えていたという高松。そこで、地域の人々からの支えに対する感謝への恩返しとして立候補を決意したという。サッカー選手から政治家の転身は厳しいことも覚悟のうえだとも綴っている。

詳細は公式ブログでご確認を。