日曜日に行われたチェルシー対ハル・シティの試合は2-0という結果に終わった。

チェルシーにとっては、移籍問題に揺れていたジエゴ・コスタがスタメンに復帰し、その中でゴールも決めるといういい試合となった。

しかしながら、その中で一つの大きな事故も発生した。ギャリー・ケイヒルと接触をしたハル・シティのMFライアン・メイソンが頭蓋骨を骨折してしまったのだ。

試合後にはセント・メアリー病院に運ばれて緊急手術を受けることになったが、幸い命に別状はなく、安定した状況にあることが確認されている。

メイソンはかつてトッテナム・ホットスパーで長年プレーしていたものの、今季チームを離れることになった選手。

チームメイトであったハリー・ケインやギャレス・ベイルも自身のツイッターにおいて彼への応援コメントを残した。

「頑張れ、ライアン・メイソン」
「メイズ、早く良くなれよ!君、そして君の家族のことを考えているよ。頑張れ」