adidasは20日、2017年最初の新作スパイクとして「ブルーブラストパック」を発表した。

adidas 'Blue Blast Pack'

アディダス「ブルーブラストパック」

前作「レッドリミットパック」から、“STADIUM TO STREET”をテーマに、11人制フットボールのプレーからフットボールライフまですべてのスタイルに向けたプロダクトを展開しているadidas。

その第2弾として登場したのが、プレースピードを極限まで高めるための「ブルーブラストパック」だ。

アディダス「ブルーブラストパック」

フットサルコートを駆け回る人のための“CAGE”ラインに、デイリーフットボールライフスタイル向けの“STREET”ライン。

さらには、ロンドン・パリ・ベルリン・ミラノで先行して販売が開始されていた新たなプロダクトレンジ“TANGO”も新登場!

アディダス「ブルーブラストパック」

1978年のアルゼンチンワールドカップから約20年間に渡り、世界中のフットボールプレーヤーに愛され続けたボール“TANGO”。そのデザインテーマである情熱・感情・優雅さを表した“TANGO”のアイコンを現代風にアレンジし、プロダクトの主軸に据えている。

ただ、今回はやはりフットボール向けの“STADIUM”ラインで、スパイクの新色を見ていきたい。

adidas ACE 17+ PureControl

アディダス「ブルーブラストパック」

まずは、昨年11月に登場したコントロール重視スパイクの最新トップモデル『エース 17+ ピュアコントロール』。新色は、コアブラック×ランニングホワイト×ブルーだ。

adidas ACE 17.1 Primeknit

アディダス「ブルーブラストパック」

一方、シューレースのある『エース 17.1 プライムニット』は、白系のブルー×ショックピンク×ランニングホワイトというカラーリング。青の位置が入れ替わっていることが分かる。

【次ページ】「エックス」「メッシ」「コパ」の新色!