『Daily Star』は29日、「FIFA07でワンダーキッドと評価された20名の若手選手は、現在どこへ行ったのか」という記事を掲載した。

10年前に発売されたFIFA07は、今なお同シリーズの中で最もバランスが良かったと評価されるバージョンの一つだ。

当時その中で優秀な若手とされていた20名の選手は、現実世界の10年後にどうなっているのか?

ジオバニ・ドス・サントス(メキシコ)

ジオバニ・ドス・サントス LAギャラクシー

当時所属:バルセロナ

現所属:ロサンゼルス・ギャラクシー

天才ドリブラーとしてバルセロナの次世代を担うと言われていたドス・サントス。トッテナム・ホットスパーへの移籍が失敗に終わり、トルコやスペインでプレーした後でアメリカへ。現在はロサンゼルス・ギャラクシーで結果を残している。

エフライン・フアレス(メキシコ)

エフライン・フアレス(メキシコ) モンテレイ

当時所属:バルセロナB

現所属:モンテレイ

プーマスのユースに所属していたが、2006年にバルセロナのBチームに加入。その後セルティックやレアル・サラゴサにも所属したが欧州では成功できず。2012年にクラブ・アメリカへ加入し、その後モンテレイへと移っている。

【次ページ】その2