今年もこの時期がやってきた。今週末、2月11日(土・祝)から、「ヨコハマ・フットボール映画祭2017」が開催される。

今年で7回目を同映画祭。毎年100本近く製作される世界のサッカー映画から、日本のサッカーファン、映画ファンに見てもらいたい作品をピックアップして上映することでお馴染みだ。

今回の上映作品はこちら!

・勇者たちの戦い
・WHO I AM リカルディーニョ
・キーンとヴィエラ:最高のライバル <日本初公開>
・Trainer!
・BARCA DREAMS ~FCバルセロナの真実
・スナカリ
・ペレ 伝説の誕生
・MARCH
・U-31
・シュート!

この中でも、最近話題となった作品の一つが昨年末にNHK BSで放映された『勇者たちの戦い』(原題:Vegalta: Soccer, Tsunami and the Hope of a Nation)。

東日本大震災。悲しみに暮れる地元の人々への想いを胸に、ベガルタ仙台は快進撃をみせる!

日本だけでなく世界中のサッカーファンに希望を与えた奇跡のシーズンの戦いを、モンティ・パイソンやセックス・ピストルズ、クラッシュのドキュメンタリーで世界から高く評価されるイギリス人スタッフが取材した注目の作品。

映画祭では、完全版での上映となります。

映画祭では、カン・ゼン・バン!

1割も未公開シーンがあったなんて…。イギリス人らしい画づくりで“当時”を切り取った非常に興味深い作品である。

他にも、映画祭をオープニングを飾るSMAPが“6人”全員で出演した唯一の作品『シュート!』や、日本初公開の『キーンとヴィエラ:最高のライバル』(原題:Keane and Vieira: Best Of Enemies)など注目作品がいっぱい。

今回も多彩なゲストが登場するほか、「ボールが蹴れる映画祭」として2月12日(日)には会場のブリリア ショートショート シアター近くでチャリティフットサルも開催される。

いよいよ開幕まで1週間を切った「ヨコハマ・フットボール映画祭2017」。タイムテーブルやゲストにイベント、チケットの購入方法など諸々の詳細は公式サイトで!

【外部リンク】ヨコハマ・フットボール映画祭2017