先週末、試合のなかったローマ。

チームは7日にフィオレンティーナとの重要な一戦を控えている。

そんな試合の前日、ローマがInstagramにこんな映像を投稿していた。

こちらはトレーニングルームでの一幕。

寝転がっているDFアントニオ・リューディガーのもとにチームメイトが群がり、なんと次々に踏んでいるではないか!

一見リンチしているようだが、もちろんそうではない。リューディガーの筋力を試すべく、選手が胸板に乗っているのだ。

まず最初に乗ったのは、ケヴィン・ストロートマンとマリオ・ルイ。2人合わせて145kgほどになるが、それでもへっちゃらなのが凄い…。

さらにはこの後ラジャ・ナインゴランもこれに加わり一時3人が乗りかかったが、リューディガーはなんとかこれも耐えてしまった。まさに「鉄の男」である。

#RunningMan 🏃🏃 #work #ComebackStronger #training #NeverGiveUp
Antonio Rüdigerさん(@toniruediger)が投稿した写真 -

美しい肉体!

ちなみに、ローマは「お家ではマネしないでね」と注意書きをしている。