2016シーズン、シンガポール史上初の4冠を成し遂げたアルビレックス新潟シンガポール。

創設13年目にしてついにSリーグ初優勝を手にすると、カップとリーグカップでは連覇を達成。スーパーカップにあたるチャリティシールドも制していたため、シンガポールの国内タイトルを独占した格好だ。

アルビレックス新潟の創立20周年、そして日本・シンガポール外交関係樹立50周年の節目に、見事大輪の花を咲かせた。

王者として臨む今季は、ヴァンフォーレ甲府でトップチームのコーチを務めていた吉永一明氏が監督が就任。2010年に山梨学院大附属高を選手権初出場・初優勝に導いたことでも知られる48歳の指揮官とともに連覇を目指す。

Albirex Niigata Singapore 2017 Hummel Home

アルビレックス新潟シンガポール 新ユニフォーム

その新潟Sの2017シーズン新ユニフォームがこちら。

ホームは、「冒険」という意味合いも持つ伝統のオレンジを基調に、チャンピオンらしいゴールドを取り入れたデザイン。トロフィーや星だけでなくエンブレムも「前人未到の完全制覇と、輝き・愛・思いやり・勇気・マジック・知恵」を表すゴールド仕様だ。

アルビレックス新潟シンガポール 新ユニフォーム

【次ページ】アウェイは白×シルバー!