カルロ・アンチェロッティ監督の就任により、今季は守備が堅実になった印象のあるバイエルン。

20試合を終えたブンデスリーガでの総得点は「45」と標準的だが、総失点はわずかに「12」だ。

守護神であるマヌエル・ノイアーは今季も好パフォーマンスを続けているが、先週末に行われたインゴルシュタットとの試合でこんなシーンがあった。

0-0で迎えた後半、フィリップ・ラームからのバックパスをトラップしたノイアー。

少し大きくコントロールしてしまった印象もあるが、相手を冷静にかわし何事もなかったかのようにボールを持ち直しアルトゥロ・ビダルにパスを送った。

ノイアーがやる大胆なプレーは海外で「ノイアーする」とも言われており、いつもの通り危なげなくやった感じだろうか。

プレッシャーに行ったFWダリオ・レスカノも、ノイアーの落ち着きぶりに思わず笑みをこぼした。