かつてチェルシーで主力として活躍した元ガーナ代表MFマイケル・エシエン。

34歳になった彼は昨夏から無所属となっている。そんななか、『Sportarena』が去就についての話題を伝えていた。

それによれば、エシエンはクロアチア1部のリエカと交渉中であるという。かつて松原良香や財前宣之などもプレーしたことがある同チームは、今季リーグ戦無敗で首位に立っている。

リエカの会長ダミール・ミスコヴィッチ氏はアフリカにコネクションを持っているそうで、協力者を得てエシエンの引き入れにこぎ着けようとしているようだ。