マンチェスター・シティは、UEFAチャンピオンズリーグラウンド16でモナコと対戦。ホームでの1stレグは5-3という打ち合いの末に勝利をつかんだ。

この試合でも素晴らしいプレーを見せたシティFWルロイ・サネは、82分にチーム5点目となるゴールを決めた。その彼がTwitter上であるファンに謝罪したことが話題になっている。

アップされた画像は、CL2試合へのベット(賭け)だ。

当然ながら彼本人が賭けたものでない。これは、あるドイツ人のファンが、アトレティコ・マドリー対レヴァークーゼン戦、シティ対モナコ戦のスコアを予想したものだ。前者については4-2と見事に的中させていたのだが、シティ戦の予想スコアは4-3。つまりサネが5点目を決めていなかったら、このファンは34000ユーロ(405万円)もの大金を手にしていたのだ。

ファンからの恨み節を伝えられたサネは「新聞で読んだよ。ごめんね、かわいそうな人」とお茶目に(?)謝ったというわけ。

無論サネには何の落ち度もないが、このファンが一言言いたくなった気持ちも分からないでもない…。