『FourFourTwo』は5日、「マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ダビド・シルバがいるからここに来たと話した」と報じた。

週末の試合でサンダーランドを相手にアウェイで2-0と勝利を収めたシティ。このところ苦しんでいたアグエロに加えてルロイ・サネもゴールを決め、首位争いに踏みとどまる3ポイントを奪取した。

試合後にはグアルディオラ監督は以下のように話し、ダビド・シルバの能力を過剰なほどに賞賛した。

ジョゼップ・グアルディオラ

「ダビド・シルバは、これまで指導してきた中でも最高の選手だ。彼とともにいられるなんて、私は幸運な男だね。

なぜ自分がシティに来たかという理由を言えば、彼とともに戦えるのが嬉しかったからだ。私がスペインにいたとき、彼はバレンシアに所属していた。

私はバルセロナを指導していたが、彼を見て『ああ!あの男は特別だ』と思ったものだよ。

しかし、最も感銘を受けたのは彼と会ったときだ。どれだけ競争力があるかという事実を知ったときだ。

あの技術は君も知っているだろう。彼はイングランドに長い間いるからね。しかし、彼はさらに勝者でもある。勝者のメンタリティを持っている。ファイターでもある。よく走るし、ファンタスティックな選手だ。

もちろん、彼のパフォーマンスは素晴らしかった。しかし、ピッチ上で彼には何も言っていないんだ!

我々はともに夕食を摂るつもりだよ。私は彼を招待した」