『Getwestlondon』は8日、「QPRの監督イアン・ホロウェイ氏は、アレクシス・サンチェスの態度を批判した」と報じた。

ブラックプールやクリスタル・パレス、ミルウォールなどを率いてきたホロウェイ氏。今季はかつて所属していたQPRに復帰し、2部で戦っている。

彼は情熱あふれる態度と歯に衣着せぬコメントで知られる名物監督であり、Qolyでも名言を取り上げた事がある。

ホロウェイ氏は今のアーセナルについて以下のように話し、サンチェスらのような態度が敗北を招いていると指摘した。

イアン・ホロウェイ

「選手たちが求めるようにやってやる必要などないのだ。

アレクシス・サンチェスが数週間前にやったことを見ると、どれだけ利己的な男なんだ?と感じるよ。 彼は座り、フードを上げた。まるで世界の終わりであるかのように。聞いてくれよ。チームメイトの一人がやってきた時、そのような振る舞いをすべきではない。

そんなヤツは利己的なブタに過ぎん。あんなものは全面的に正しくない。どれだけワガママなのか?

あれが、おそらくアーセナルが勝利していない理由だろうな。なぜなら、彼らは僅かな利己心を隠し持っているようだから。

世界のどんなチームもサンチェスを欲しがるだろう。しかし、誰だってチームプレーヤーであらなければならないものだ。

あのような選手を管理することは、ほとんど不可能に近いものだからな」