この冬、ユヴェントスから中国の河北華夏幸福へ移籍した元ブラジル代表MFエルナネス。

中国では開幕から2試合連続でフル出場している彼だが、このほどアクシデントに見舞われていた。

É Madeira meu vei! ⚽️🥊! #gladiator #plenitude2
Anderson Hernanes Limaさん(@hernanesoj)がシェアした投稿 -

これは1-1の引き分けとなった第2節の重慶当代力帆戦後に撮影された様子のようだ。

『Globo』によれば、エルナネスは眉間を切ったほか、足首も負傷していたそう。“バトル”について語った彼は、試合前日から下痢に悩まされたことも明かしていたようだ。

どうやら眉間の怪我は、空中戦で競った際のもの。相手のラフプレーではなかったが、エルナネスはこの接触で試合中に出血もしていた。中国での戦いはまだ始まったばかりだが、前途多難と感じているかもしれない…。