今月2017年シーズンが開幕したMLS。

先週行われた試合ではこんなゴールシーンが話題になっている。シカゴ・ファイヤー対レアル・ソルトレイク戦で…。

シカゴ・ファイヤーFWネマニャ・ニコリッチが抜け出してゴールを決めた場面。ただ、レアル・ソルトレイクの選手たちがアピールしていたように、完全にオフサイドポジションにいたように見えた。

実際に副審もフラッグを上げていたようだが、ケヴィン・スコット主審はオフサイドをとらなかった。

というのも、よく見るとボールを蹴っていたのは、レアル・ソルトレイクの選手だったのだ。

選手がオフサイドポジションにいた場合であっても、相手選手が蹴ったボールならばオフサイドにはならない(攻撃側が蹴ったボールが相手側に当たって跳ね返った場合などはオフサイド)。

ということで、主審のジャッジは正しく、よくぞ見ていた!と話題になっているのだ。

なお、試合は2-0でシカゴ・ファイヤーが勝利している。