今週、グループステージの第3節が行われるAFCチャンピオンズリーグ。

Jリーグ勢の結果を総合するとここまでは「まずまず」であるが、結果を残しているのは日本のクラブだけでない。日本人の血が入ったMFも素晴らしい成績を残している。

その選手とは、アル・ラーヤンに所属するロドリゴ・タバタだ。

ロドリゴ・タバタは1980年11月19日生まれの36歳。ブラジルリーグで長くプレーし、名門サントスでは背番号10を背負ったことで知られるブラジル出身の日系三世である。

闘争心が強くアグレッシブなタバタは運動量が多く、ドリブルやパス、シュートの技術が優れた選手。一時は日本代表入りを期待する声があがったが実現はせず、現在はカタール代表に選出されている。

そんなタバタは現在アル・ラーヤンでプレーしており、今季のACLにも参加。14日に行われたペルセポリス戦では2ゴールをあげた。

19分:ロドリゴ・タバタ(1-1)

58分:ロドリゴ・タバタ(2-1)

アル・ラーヤンは3-1で勝利!

ロドリゴ・タバタは第2節のアル・ヒラル戦でもゴールをあげており、14日現在で得点ランキングで首位タイとなっている(3得点で広州恒大のアランなどと並んでいる)。

リーグ戦ではハットトリックをマークするなど、とにかく絶好調のロドリゴ・タバタ。

ACLの決勝トーナメントでJクラブと対戦する可能性もあるはずだ。