ガンバ大阪との試合後に投げつけたユニフォームを踏み、ファンから批判を受けたFC東京の大久保嘉人。

その後、自身のブログで反省と謝罪のメッセージを書き、チームメイトである石川直宏もTwitterで「この件はもうおしまい」と綴りファンに理解を求めた。

そんな大久保は今週末、古巣である川崎フロンターレとの多摩川クラシコに挑む。

この試合に向けては両クラブが合同企画としてCMを制作するなど盛り上がりを見せているが、川崎のYouTubeチャンネルが大久保のインタビュー映像を公開している。

古巣をリスペクトしつつも、熱い気持ちを語ってくれた大久保。

その後、先日のゲームで川崎の選手が披露した「ジャスティス」パフォーマンスについて質問があった。

やはり大久保はこのセレブレーションをチェックしていたようで、登里享平の豪快な“のけぞり”にも言及。

そこでインタビュアーから次の川崎戦で「ジャスティスをやったら?」と提案されるも…

ポーズこそ決めてくれたが、本人は「いや、やったらおかしいやろ」と一蹴した。

第29回目となる多摩川クラシコは、18日(土)の午後7時から味の素スタジアムで行われる。