バイエルン・ミュンヘン公式TVが14日に公開した動画が、なんとなく密かに話題になっているのかなっていないのかという感じらしい。

今季ジョゼップ・グァルディオラ前監督の退任に従って招聘されたカルロ・アンチェロッティ氏。

ドイツ・ブンデスリーガは初めての経験となったが、早くも現地にも適応し、チームの力を維持することに成功している。

そんな名将が公式TVに登場。キッチンで。

レッジョ・エミリア出身のアンチェロッティ。チーズの本場で生まれた彼は、やはりペンネ・カルボナーラがお気に入りだとのこと。

有名シェフのアルフォンス・シューベックと絶妙なやり取りを行いながら料理を行うアンチェロッティの姿はなかなかシュールである。

というか、料理の腕がどうかというよりも、彼の手は左利きだったということがどうも気になってしまうのだが…。