UEFAチャンピオンズリーグでバイエルン相手に2試合で10失点を喫したアーセナル。

昨夏3400万ポンド(47.5億円)で獲得したスイス代表MFグラニット・ジャカも、フィットしきれていない。

そんななか、『Mirror』によれば、アーセン・ヴェンゲル監督はフランス代表MFエンゴロ・カンテを3000万ポンド(41.9億円)で獲得できたことを再び明かしたという。

カンテのほうがより安価で獲得できたのに…という声もあるようだが、指揮官はこう持論を展開した。

アーセン・ヴェンゲル(アーセナル監督)

「彼らは異なるタイプの選手だ。

ジャカはロングボールを配球し、カンテはファウルすることなくボールを盗む本当のテクニックを持ったボールウィナーだ。

カンテはジャカよりもフランシス・コクランと比較すべきだ」

2人はタイプが異なり、守備的タスクを本業とするコクランと比べるべきと述べたという。