バディ・ファラー(代理人)

「彼はAリーグでビッグプレイヤーだ。そして、いくつものクラブが彼との契約に熱心になるだろうと確信している。しかし、現時点では交渉は何もない。

ワンダラーズで満足しているか?それはYESだ。トニー・ポポヴィッチ監督はとてもよくしてくれている。

しかし、ポポヴィッチ監督は彼自身も海外で活躍していた選手だった。したがって、選手がそれを求めれば、野心を認めてくれると思うよ。

ミッチは海外で活躍したいと考えている。もし可能であればね。そして、私も彼のために動く。

今季のミッチが最高の調子をみせているのは、まさにポポヴィッチ監督の信頼のおかげだ。

ポポヴィッチ監督はすべての選手をうまくマネージメントしているよ。スコット・ジェイミーソンは彼の下で復活し、再び欧州へと渡っていった。

ミッチは昨年のようなゴールは決めていないが、他の形で貢献しており、チームは向上している。

今季はリーダーとしても役割を担っており、多くの距離を走っている。ボールのないところでもね。結果は最高ではないが、それは一人の選手だけでどうなるものでもない。

結局のところ、ポポヴィッチ監督の下で働いてきた2年間は、ミッチにとってはただポジティブなものだったよ」