ヴィッセル神戸への移籍が決まっているガラタサライのFWルーカス・ポドルスキ。

彼はドイツ代表の一員として、23日に行われるイングランド代表との親善試合に出場する予定だ。そして、これが代表に別れを告げるラストマッチになる。

それを前に代表で僚友だったバスティアン・シュヴァインシュタイガーから手紙が贈られた。DFB(ドイツサッカー連盟)がその文面を明かしている。

シュヴァインシュタイガーの代表引退の際には、ポドルスキがお別れの手紙を贈ったそうで、そのお返しでもあったようだ。

「人生においてそうそうないであろう友情を分かち合ってきた」という2人。シュヴァインシュタイガーは、こんな言葉も綴っていた。

バスティアン・シュヴァインシュタイガー

「君のポジティブな姿勢、オープンマインドなやり方、そして特に誰も真似できない左足のハンマーによって、僕だけでなくイングランドやドイツ、トルコの観客たちも同じように喜ばせてくれたね。

だから、僕は確信しているよ。

君が日本のファンたちをすぐにポルディファンにしてしまうことを」

日本のファンたちをきっと魅了するだろうと太鼓判を押していたのだ。

ドイツ対イングランドの親善試合は、ドルトムントのジグナル・イドゥナ・パルクで行われる。