サム・アラダイスの辞任にともない、ギャレス・サウスゲイトが監督に就任したイングランド代表。

もともとは暫定監督であったが、昨年末にイングランドサッカー協会と4年契約を結び、正式に新監督となった。

そんなサウスゲイトは新監督就任後、初の代表メンバーを発表。34歳のFWジャーメイン・デフォーが復帰となり、サウサンプトンのMFジェームズ・ウォード=プラウズを初招集した(メンバー表はこちらから)。

そんなイングランド代表が、新しいアウェイユニフォームを発表した。

England 2017 Nike Away

ミッドナイトネイビーを基調とした今回のアウェイモデル。

イングランドのアウェイユニフォームは伝統的に赤色を採用しているが、紺色になるのは2013年以来のことである。

協会のエンブレムは、ユニバーサルブルーとメタリックシルバーの二色でデザインされている。

襟の部分には「ENGLAND」の文字。

首まわりや袖の部分には縦のラインが入っており、EURO2016に向けたどモデルがテンプレートとなっている。

なお、イングランドはこの新アウェイユニフォームを22日(水)に行われるドイツとの国際親善試合で初めて着用する。