先週末に行われたブンデスリーガの第25節。

ボルシア・パルクで行われたボルシアMG対バイエルン戦でのフェアプレーに称賛の声が集まっている。

後半、ティアゴ・アルカンタラのタックルでヨナス・ホフマンが倒れたというシーン。

主審のトビアス・シュティーラーはプレーを止め、バイエルンのファウルという判定を下す。ボルシアMGとしては、得点のチャンスだった。

これにティアゴは猛抗議。それもそのはず…

ティアゴのスライディングはホフマンに当たっておらず、シミュレーション気味に倒れたからだ。

するとホイッスルが鳴った後、ホフマンはファウルがなかったことを認め、判定が覆ったのだ。このフェアプレー精神に免じてかホフマンにはイエローカードが提示されず、主審のシュティーラーやティアゴ、ハビ・マルティネスらは握手を求めていた。

試合後、ホフマンはこのシーンについて「もしもあのまま試合が続き我々が得点しても、大きな騒動となっていただろう」と振り返り、正直に打ち明けた理由について明かした。