『Daily Mail』は28日、「元ブラジル代表FWロナウジーニョがついに歌手デビューを果たした」と報じた。

かつて世界最高の選手として名を馳せたロナウジーニョ。2015年にアトレチコ・ミネイロを退団してからは所属クラブがなく、チャリティーマッチなどでしかピッチでの姿を見ることは出来ない。

しかし、そんな彼がついに新しいキャリアをスタートさせたようだ。

ロナウジーニョは今回なんとデビューシングル「ソジーニョ」のリリースを発表。歌手としての活動をスタートさせたのだ。タイトルの意味は「孤独」という感じだ。

なお、ロナウジーニョは2016年のリオパラリンピックでも公式音楽を手がけており、近年はむしろサッカーよりもそのあたりの活動のほうが忙しいようだ。