中国の上海上港でプレーするブラジル人FWフッキ。1部リーグ第4節の山東魯能泰山戦で先制点を叩き出し、2試合連続ゴールをマークした。

ワンツーで抜け出したウー・レイからの折り返しを蹴り込みゴール!そして、得点後には謎のゴールセレブレーションも見せていた。

この後、一旦はパピス・シセに同点ゴールを許すも、上海上港は終盤に勝ち越し2-1で勝利している。

だが、フッキは後半に負傷交代。上海上港は来週にACLで浦和レッズと対戦するが、フッキが間に合うのかはまだ不明のようだ。試合後、アンドレ・ヴィラス=ボアス監督は「フッキは怪我をした。検査のために病院へ送ったが、検査結果はまだ出ていない」と述べている。