『Kickoff』は21日、「マメロディ・サンダウンズのGKデニス・オニャンゴは、必ずヨーロッパのリーグに行くと宣言した」と報じた。

ウガンダ代表チームの絶対的守護神として知られる31歳のオニャンゴ。


昨年クラブワールドカップで来日したマメロディ・サンダウンズのゴールマウスも守っており、このところはアフリカ最高レベルのGKとして名を馳せている。

彼は「欧州へ行きたいか?」と聞かれて以下のように答え、チャンスは求め続けていると語った。

デニス・オニャンゴ

「そうだね。西アフリカの選手はチャンスを得られるよ。なぜなら、言語の問題がないからね。

あの地域の選手はフランスやベルギーに行く。そして、フランス語圏だから適応するのは簡単だ。

そして、西アフリカ人のゴールキーパーが南アフリカにあまりいないのも、そういう理由だ。ここは英語の国だからね。

彼らにとっては、ヨーロッパの下部リーグに行くほうが簡単なんだ。

33〜34歳でも移籍のチャンスは来るか?分からないが、おそらくそれ以上に長くなっても探し続けるよ」