今年、マンチェスター・ユナイテッドを退団してアメリカ・メジャーリーグサッカーへと移籍したバスティアン・シュヴァインシュタイガー。

当初はあまり大きな期待を受けてはいなかったとも言われるが、シカゴ・ファイヤーに加入後うまく適応し、最初の5試合で2ゴールを決めてきた。

そして、スターの能力を魅せつけた彼はもちろんイベントにも引っ張りだこ。

先日は上原浩治も所属するシカゴ・カブスが本拠地として使うリグレー・フィールドに招待され、始球式を担当することに。

シュヴァインシュタイガーの初めての投球は、こんな感じ!

トレードマークとも言える31番のユニフォームを身に着けた彼のボールは、未経験でありながらノーバンでキャッチャーミットへ!

バスケットボールやアメリカンフットボールにも招待されてきた彼であるが、これは会心の出来栄えだった?ガッツポーズまで飛び出している。