所属するニューヨーク・シティFCで今季もゴールを量産しているダビド・ビジャ。

50m級の驚愕シュート角度がないところから巧みなボレーなど、ゴールの質もレベルが高いものばかりだ。

そんなビジャは4日、MLBのトロント・ブルージェイズ対ニューヨーク・ヤンキース戦の試合前、ヤンキー・スタジアムに登場。子どもたちと一緒にピッチャーマウンドへと向かうと、始球式を行った。

※MLB公式の映像はこちら

キャッチャーを務めたディディ・グレゴリウスに、見事な投球!

やや上半身だけで投げている印象だが、それでもなかなかのスピードが出ているように見える。

ヤンキース伝統のピンストライプユニフォームも似合ってる!

ビジャは投球後、自身のTwitterに「始球式に招いてくれたヤンキース、ありがとう。名誉だった!」と投稿。そして、ピッチング練習に付き合ってくれたヤンキースの選手たちにも感謝のメッセージを送った。

ちなみにこのビジャ、始球式に向けトレーニングの合間に練習していたそう(00:41から)。