元日本代表MF小林大悟が所属するアメリカ・MLSのニューイングランド・レヴォリューションが、今月13日に行われるレアル・ソルトレイク戦の前に「Japanese Heritage Night」(直訳すると日本文化遺産の夜)というイベントを開催するようだ。

クラブの発表によると5月は「アジア太平洋文化遺産月間」で、それに関連して小林大悟と日本人の母親を持つザカリー・エリヴォーが在籍するクラブは日本の伝統的な文化を紹介する催しを行うことになったとのこと。

このイベントでは以下の日本文化を体験できるという。

・獅子舞
・書道
・専門家による折り紙のレッスン
・キタガワ・セイコ氏による着物の着付けと踊り
・日本の文化的なアイテムを見る
・けん玉のデモンストレーション
・剣道のパフォーマンスを体験する
・静岡と大阪について学ぶ(静岡は小林、大阪はエリヴォーの出身地)

小林を兄のように慕うエリヴォー

入場料は25ドル(およそ3000円)で、購入されたチケットごとに6ドル(およそ700円)が日本の非営利団体に送られる。

また、このチケットを購入したファンは試合後の会合に出席する権利が与えられ、そこでは小林大悟とエリヴォーから挨拶があるとのことだ。