今季のエールディビジ優勝チームは、最終節で決定した。

首位フェイエノールトがヘラクレス・アルメロを3-1で撃破し、1998–99シーズン以来となる優勝を掴み取ったのだ。

前節エクセルシオール相手にまさかの敗戦を喫していたフェイエ。この日は、36歳ディルク・カイトが大暴れ!開始1分で先制ゴールを決めると、12分、84分(PK)にも得点を奪い、なんとハットトリック達成!

最終節に神憑り的な活躍を見せて、チームに優勝をもたらしたカイト。36歳296日でのハットトリック達成は、エールディビジ史上4番目となる年長記録となったそう。

ディルク・カイト(フェイエノールトFW)

「最高のサポーターたちがいる素晴らしいスタジアムでの試合で、夢のようなスタート(1分での先制点)になったね。

クラブ、そして経験ある選手として自分にもかなりのプレッシャーがあった。

自分は勝つためにここに来た。自分とこのクラブを信じていたからね。

サポーターたちは推進力になってくれた。彼らは18年間決してあきらめなかった。

信じられないね。このタイトルはサポーターたちのためのもの。そして、我々全員のものだ」