『Mirror』は13日、「リヴァプールは、7月1日にハル・シティのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの獲得を発表する予定だ」と報じた。

アンドリュー・ロバートソンは1994年生まれの23歳。クイーンズ・パークとダンディー・ユナイテッドでプレーした後、2014年にハル・シティと契約した選手である。

既にスコットランド代表でもプレーしており、これまで14capを獲得。現在大きな期待を受けている左サイドバックだ。

リヴァプールは今季怪我人の続出もあってジェームズ・ミルナーがサイドバックを務めてきた。

また、DFジョー・ゴメズは今夏1000万ポンド(およそ14.4億円)でボーンマスへと移籍するのではないかと言われており、去就が不透明だ。

そこで、リヴァプールはハル・シティとの契約が残り一年となるロバートソンに目をつけ、今回合意に至ったという。

そして、さらにリヴァプールは同じハル・シティに存在するもう1人の選手にも注目しているようだ。

ターゲットは1993年生まれのDFハリー・マグワイアであるそう。イングランドU-21代表経験を持つセンターバックだ。

シェフィールド・ユナイテッドから2014年にハル・シティへ加入しており、2015年にはウィガンへのレンタルも経験している。

今季はレギュラーとして27試合に出場し、2ゴールを決めるなど残留争いの中で存在感を見せてきた。

リヴァプールのスカウトは現在マグワイアを調査しており、今夏獲得するべきかどうかを検討しているという。なお、トッテナムやニューカッスルも彼に興味を持っているとのこと。