リーグアンのメスでプレーしている日本代表GK川島永嗣。

シーズン終盤になりスタメン起用が続いており、第37節トゥールーズ戦にも先発した。

1-1で迎えた後半35分過ぎ、メスはPKの大ピンチを迎えたのだが…。

川島が相手FWアンディ・ドゥロールのシュートを阻止!

前節でリーグアンに残留を決めたメスにとって、この日はホーム最終戦。それもあってか、このPKセーブにサポーターも大興奮の様子だった。

結局、試合はそのまま1-1の引き分けで終了。『Lequipe』によれば、川島は別の場面でも見事なセーブをするなど活躍を見せていたようだ。

ついにフランスでスタメンを勝ち取った川島。最終節は敵地でのギャンガン戦だ。