ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督は、コンフェデレーションカップ2017に向けた代表メンバー23名を発表した。

6月17日から7月2日にかけてロシアで開催されるコンフェデレーションズカップ。2014年に開催されたワールドカップで優勝したドイツは2回目の出場を決め、本大会ではグループBでカメルーンやチリ、オーストラリアと対戦する。

2018年ワールドカップでの優勝を目指すレーフ監督は、今大会で大胆な招集策に。マヌエル・ノイアーやマッツ・フメルス、メスト・エジルといった主力選手をほぼ全員外し、若手中心のメンバーで23名を組んだのだ。

ヘルタの新たな“FK職人”ことDFマーヴィン・プラッテンハートやトルコ国籍を持つMFケレム・デミルバイなど6名を初招集。今季ブンデスリーガで台頭したホッフェンハイムからの招集が目立ち、バイエルンからの招集はヨシュア・キミッヒただ一人となっている(ニクラス・ジューレとセバスティアン・ルディは今夏にバイエルン加入)。

GK:

ベルント・レーノ / Bernd Leno
(レヴァークーゼン)

マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン / Marc-André ter Stegen
(バルセロナ/ESP)

ケヴィン・トラップ / Kevin Trapp
(PSG/FRA)

DF:

マティアス・ギンター / Matthias Ginter
(ドルトムント)

シュコドラン・ムスタフィ / Shkodran Mustafi
(アーセナル/ENG)

ヨナス・ヘクトル / Jonas Hector
(ケルン)

マーヴィン・プラッテンハート / Marvin Plattenhardt
(ヘルタ・ベルリン)

ベンヤミン・ヘンリヒス / Benjamin Henrichs
(レヴァークーゼン)

ヨシュア・キミッヒ / Joshua Kimmich
(バイエルン)

アントニオ・リューディガー / Antonio Rüdiger
(ローマ/ITA)

ニクラス・ジューレ / Niklas Süle
(ホッフェンハイム)

MF / FW:

ユリアン・ブラント / Julian Brandt
(レヴァークーゼン)

セバスティアン・ルディ / Sebastian Rudy
(ホッフェンハイム)

エムレ・ジャン / Emre Can
(リヴァプール/ENG)

ルロイ・サネ / Leroy Sané
(マンチェスター・シティ/ENG)

ケレム・デミルバイ / Kerem Demirbay
(ホッフェンハイム)

ラース・シュティンドル / Lars Stindl
(ボルシアMG)

ディエゴ・デメ / Diego Demme
(RBライプツィヒ)

サンドロ・ヴァーグナー / Sandro Wagner
(ホッフェンハイム)

ユリアン・ドラクスラー / Julian Draxler
(PSG/FRA)

ティモ・ヴァーナー / Timo Werner
(RBライプツィヒ)

レオン・ゴレツカ / Leon Goretzka
(シャルケ)

アミン・ユネス / Amin Younes
(アヤックス/NED)