『The WEST』は18日、中国超級リーグの遼寧宏運に所属していたオーストラリア代表FWロビー・クルーズ、同代表MFジェームズ・ホランドが退団した」と報じた。

かつてはドイツ・ブンデスリーガのレヴァークーゼンでもプレーしたロビー・クルーズ。前線ならどこでもこなすユーティリティなアタッカーとして知られ、オーストラリア代表でも中軸を担ってきた。

また、ジェームズ・ホランドもオーストリア・ウィーンやデュイスブルクでプレーしたオーストラリア代表ボランチで、同じく1月に遼寧宏運へと加入している。

しかし、彼らは加入した際の条件が遵守されなかったためオーストラリアプロサッカー選手組合に訴えを起こし、その結果契約自体が解除されることになったという。

記事によれば、原因は遼寧宏運が約束された給与を支払わなかったことであるようだ。

オーストラリアプロサッカー選手組合の会長ジョン・ディドゥリツァ氏は「選手は状況を改善するためにクラブに警告したが、それは守られなかった」と話しているとのこと。

なお、ロビー・クルーズとジェームズ・ホランドは2018年ワールドカップへの出場を目指しており、欧州やアジアでプレーできるクラブを探しているという。