『Independent』は17日、「アーセナルのFWアレクシス・サンチェスは、サポーターの抗議活動について語った」と報じた。

今季はなかなか調子が上がらず、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できない可能性が高まっているアーセナル。

チームを率いているアーセン・ヴェンゲル監督に対してはサポーターから激しい抗議活動が繰り広げられており、様々なところで『Wenger Out』(ヴェンゲル、出て行け)というプラカードが掲げられている。

アレクシス・サンチェスはこれらの抗議について以下のように話し、サポーターの要求は当然であると語った。

アレクシス・サンチェス

(ヴェンゲル監督には退任を求める動きがあるね?)

「これは当然のことだよ。あらゆるチームは、常にもっと選手を買っているからね。僕はそう思う。

バルセロナ、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘン。彼らはいつもどんどん選手を買っている。

そして、そうすることでより多くのオプションを手に入れることが出来る。毎日チームを強くしていくためにね。

あのファンの抗議活動は、自分にとってはとても心苦しいものだ。

アーセン・ヴェンゲル監督はこのクラブにエミレーツ・スタジアムをもたらした。そしてこの仕事を21年間続けてきたんだ。

彼はこの本拠地を、選手たちを、そしてクラブのプレースタイルを作り上げてきた人物なんだ」

(君の将来について?)

「今それを伝えることは出来ないんだ。シーズンが終わるのを待たなければならない。

いつも言ってきたように、それは僕だけが決められることじゃない。クラブが決めることだ。彼らが好むのか、好まないのかという話だ。

僕は同じことを言ってきたよ。チームのためにベストを尽くそうとするだけだ。ゴールを決めて、勝利するために。そして、最終的にどうなるかは様子を見ていこう」