FA(イングランドサッカー協会)は、来季2017-18シーズンから導入される新たなルールについて発表を行った。

導入が決まったのは、ダイブを行った選手への遡及的な罰則規定。来季からは毎週月曜日に審査団が該当のシミュレーションシーンについてレビューを行うという。

罰則に該当するのは、審判を欺くことに成功した選手。ただ、問題となるのは、欺いた選手がPKを得たケース、もしくは相手選手が退場になったケースに限るとのこと。

FAによれば、シミュレーションや怪我の偽装が証明された場合、当該選手には2試合の出場停止処分が科されるとしている。

つまり、決定的な場面でダイブを行い審判を欺いた場合には、遡及的に罰則の対象になるということだ。

来季のプレミアリーグでも施行されることになるこの新ルール。選手たちのプレーにどのような影響を与えるのか注目される。