サウサンプトンに所属するDF吉田麻也。

そのユニークな表現方法でブログが大きな人気を集めているが、このほどちょっと真面目な内容をTwitterに投稿していた。

それがこちら。

何やら反省モードの吉田。

あのウェイン・ルーニーについても記述があるが、一体何があったというのだろうか?

吉田は先週末に行われたプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場し、ルーニーとマッチアップ。する試合後、ルーニーに対して特に脅威を感じなかったという意味の文脈で「なんでストライカーやってるんだろう」と一部のメディアに話したのだ。

すると、これがWebメディアで最多の読者数を誇る『Yahoo!トピックス』に掲載。同メディアはタイトルの文字数が制限されているため、「なんでストライカー」という非常に挑戦的なフレーズとなって広く読まれてしまったのだ。

吉田はこの件について、「このリーグでやった選手ならルーニーがどれだけ偉大な選手が誰だってわかる。自分の言葉足らずで自分の意思と異なる記事が出てしまった」と反省のツイートをしたというわけだ。

とは言え、記事の全体を見るとそこまで刺激的な発言であったとは思えず、あくまで一部を切り取られセンセーショナルに報じられただけという印象も受ける。にもかかわらず、自分の行いを省みる吉田の姿勢はまさにプロフェッショナルである。

なお、該当の記事からはすでにルーニーに関する部分が削除され、現在は確認できない状態となっている。