24日、ウブロは表参道ヒルズ スペース オーにて「ウブロ ポップアップブティック表参道」期間限定オープン記念イベントを開催した。

同イベントでは、ウブロ アジアパシフィック リージョナル ディレクターの坂井実和氏のほか、元日本代表MF中田英寿氏、ウブロ・アンバサダーでもある日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督、そして途中からは漫画家の高橋陽一先生が登壇しワールドカップ優勝トロフィーと共に熱いトークセッションを繰り広げた。

中田英寿とヴァイッド・ハリルホジッチ

中田氏は「これだけワールドカップの優勝トロフィーを近くで見るのは初めての経験。ここにはあるのだけれど、優勝したチームの選手、監督しか触れることができないというルールがあるので、僕はこの先触れる機会はないと思います。これからの日本代表の選手にはそれだけ可能性があるので、羨ましいなぁと思います」と語りエールを送った。

「キャプテン翼がなかったら自分のサッカー人生はなかった」と語った中田氏、司会のハリー杉山氏に1998-99シーズンのピアチェンツァ戦でオーバーヘッドを決めたことなどを問われると、子供の頃に砂場でキャプテン翼の真似をしてオーバーヘッドを試し続けていたからそうしたプレーができるようになった、と明かした。

ちなみに、「(子供なので)キャプテン翼で描かれていることは全部できるだろうと思っていた」とのことで、立花兄弟のスカイラブハリケーンにも挑戦したという。「下になる人は必ず背中を痛める」といったエピソードや「ゴールポストによじ登る」際にはスパイクでは引っ掛かりが悪く難しかったなど名シーンの再現に挑戦していた過去を次々と明かし、普段のクールな姿とは違うサッカー選手中田の原点を回想してくれた。

【次ページ】ハリルホジッチが監督就任後に語った言葉