昨年のEURO開催国だったフランス。キリアン・エンバッペやウスマヌ・デンベレら煌めくような逸材たちを輩出し続けている。

ここでは、『Squawka』による「2020年にありうるフランス代表のスタメン」を見てみよう。

GK:アルバン・ラフォン(現トゥールーズ)

アルバン・ラフォン

2020年時点の年齢:21歳。

欧州トップリーグで10代にしてレギュラーとなっているのはミランGKドンナルンマだけではない。彼同様にラフォンは18歳にして最高レベルの経験を積んでいる。

弱冠16歳と10か月にしてデビューすると、いきなり2-0でクリーンシートを成し遂げ“ブレイクの兆し”を見せた。その後、リーグアン61試合で、計19度のクリーンシートを記録。

驚異的な反射能力と年齢らしからぬ成熟度を兼ね備えており、ウーゴ・ロリスの正当なる後継者といえる。

RB:ジブリル・シディベ(現モナコ)

2020年時点の年齢:27歳。

モナコのような圧倒的な攻撃力のあるチームにおいて、DFがふさわしい賞賛を得るケースは稀だ。そのなかで、シディベは両サイドのディフェンスで傑出したパフォーマンスを披露。

ディディエ・デシャン監督もそれを見逃さず、定期的に代表に招集している。人材揃いのフランス代表にあって、右SBは層の厚みがなく、シディベは今後数年に渡って定位置を確保しうる。

攻撃でも脅威になれるうえ、しっかり守れる。彼はモダンなサイドバックの典型例だ。

【次ページ】バルサとレアルの…